eラーニングでPDU取得、情報技術、Office、TOEICなどの資格取得・スキルアップのサポートを提供する、業界最大手のネットラーニング






簿記の基礎知識

コース紹介
●第1章● 簿記とは(簿記の目的と仕組み / 取引と仕訳 / 仕訳帳、総勘定元帳/ 試算表、精算表 / 貸借対照表と損益計算書 / ほか) ●第2章● 各取引の仕訳と記帳(仕訳の実際 / 商品売買の記帳の仕方 / 現金預金の仕訳 / 掛売り、掛買い / 手形取引 / ほか) ●第3章●決算・財務諸表の作成(決算の意味と手続き / 損益計算書、貸借対照表の作成 / 収益、費用の繰り延べと見越し / 元帳の締切り / ほか)

価格 \4,860(税込み)
受講期間 6ヵ月(+閲覧期間6ヵ月)
標準学習時間 7時間
チュータ チュータなし
学習目標 本コースは、簿記の基礎的な知識の習得を目的として作成されています。 全体の流れとしては、取引と簿記の仕組みを理解することに始まり、仕訳、決算、財務諸表の作成までが取り上げられています。 特に簿記の知識の習得においては、仕訳とその記帳の仕方をきちんと把握しておくことが重要といえるでしょう。実際の業務でも、さまざまな取引を的確に仕訳して、誤りなく帳簿に記していくことが何よりも求められることになるからです。 このため、本コースでも各取引とその仕訳に、最も多くの時間を割り当てました。数多く示されている仕訳例をひとつひとつ確認しながら、基本をしっかり習得してください。
また本コースを受講することで、日商簿記検定3級試験に必要な基礎的な知識を身につけることができます。将来、簿記検定3級合格を目指している皆さんは、本コースでの学習を通して、ぜひ合格への最短距離を進んでいってください。
前提知識 特になし
備考 本コースに登場する人名、会社名について、仮名を使用してある場合、その人名、会社名は実在するものではありません。偶然に実在の人名、会社名が存在していたとしても、本コースとは無関係ですので、あらかじめご了承ください。
サンプル
こちらからご確認ください。
推奨環境 こちらからご確認ください。


ビジネススキルシリーズのコース一覧


ページトップへ