eラーニングでPDU取得、情報技術、Office、TOEICなどの資格取得・スキルアップのサポートを提供する、業界最大手のネットラーニング




> トップページ > Microsoft(R) .NETシリーズ > Visual Studio .NET2003によるスマートクライアント開発


Visual Studio .NET2003によるスマートクライアント開発

コース紹介
スマートクライアントモデルのアプリケーション開発時に必要となる知識・技術を身につけます。開発環境として、Visual Studio .NET 2003を利用します。開発言語として、Visual C# .NETとVisual Basic .NETを利用して説明を行います。コース内で作成するサンプルプログラムは、Visual C# .NET、Visual Basic .NETともにダウンロードを行うことができます。 これにより、学習者様のPCにインストールされたVisual Studio .NET 2003を用いた実機による確認作業が可能となります。コース内での画面説明は、主にVisual C# .NETを用いて行います。本コースの学習ポイントは下記のとおりです。 (1) スマートクライアントモデルの利点 スマートクライアントの特徴・利点を理解します。 (2) スマートクライアントモデルのシステム開発に必要となる知識 .NET Frameworkの重要なテクノロジー、Windows フォーム、ASP .NET、Web フォーム、XML Web サービス、ADO .NETなど、開発に必要となる知識の特徴、役割を理解します。 (3) スマートクライアントモデルのアプリケーション開発方法 Visual C# .NETあるいはVisual Basic .NETを使って、スマートクライアントアプリケーションを開発する方法を、実習をとおして学習します。

価格 \41,040(税込み)
受講期間 6ヵ月(+閲覧期間6ヵ月)
標準学習時間 15時間
チュータ 担任制チュータ付き
学習目標 ・スマートクライアントモデルの特徴を理解する。
・Visual Studio .NET 2003を用いたクライアント層・サーバ層のアプリケーション開発を行うこと。
前提知識 ・Visual Studio .NET 2003の基本操作を理解していること。
・Visual C# .NETあるいはVisual Basic .NETの基本的な文法を理解していることが望ましい。
備考 Visual Studio .NET 2003があると、コース内で使用するプログラム一式を実際に試してみることができます。
サンプル
こちらからご確認ください。
推奨環境 こちらからご確認ください。


Microsoft(R) .NETシリーズのコース一覧


ページトップへ