eラーニングでPDU取得、情報技術、Office、TOEICなどの資格取得・スキルアップのサポートを提供する、業界最大手のネットラーニング




> トップページ > PDU 取得シリーズ > プロジェクトマネジメントの実践(40PDU取得:テクニカル)


プロジェクトマネジメントの実践(40PDU取得:テクニカル)

コース紹介
本コースは実践コースとして、現在非常に普及しており、一般的となったマネジメント手法を学習するコースです。従来からの PMBOK(R)ガイドの考え方をベースに、各知識エリアの学習が可能な構成になっています。

特に、本コースではプロジェクトにおける要求定義の品質を高めること、プロジェクトの見える化の徹底、リスク・マネジメントの導入、調達マネジメントの強化の4点を、プロジェクトを成功に導く4方策と考えてこれらを軸とし、単なる理論だけでなく、実務で活用するための実践的なポイントを学習します。 ステークホルダー・マネジメントについての実施を第5点目の方策として学習します。

また、PMBOK(R)ガイド第6版に関する学習としては、まず取り掛かりとしてPMBOK(R)ガイド第6版補足資料を新たにご提供します。こちらも併せて学習に取り入れ、基本と最新の理解を合わせて進めてください。

価格 \49,950(税込み)
受講期間 6ヵ月(+閲覧期間6ヵ月)
標準学習時間 40時間
チュータ 担任制チュータ付き
学習目標 プロジェクトにおける品質マネジメント、プロジェクトの見える化の徹底、リスク・マネジメントの導入、調達マネジメントの強化の4点とステークホルダーマネジメントを、プロジェクトを成功に導く5方策と考えてこれらを軸とし、実務で活用するための実践的なポイントを学習します。

・要求定義の品質を高めるためにスコープ・マネジメントについて、その概要やその詳細について実践方法をふくめて学習する。
・プロジェクトの見える化の徹底について、品質マネジメントにおける品質保証と品質管理の実践や、アーンド・バリュー・マネジメントの概要、詳細や管理運用、実務での活用方法を通して習得する。
・プロジェクト・リスク・マネジメントにおける概要、評価と対応の実践を具体的なツールや技法をふくめて学習する。
・調達マネジメントの強化について、計画、実行、管理、終結など各フェーズを通して、契約の種類や、労務・権利の法律等の留意点をふくめてその実践的内容を習得する。
前提知識 プロジェクトマネジメントの基礎、PMBOK(R)ガイドの基礎について理解している必要があります。
(特に5つのプロセス群と10の知識エリアの概要)
※以下のコース学習相当の知識は既に習得済みとします。
・ITプロジェクトマネジメント
・PMBOK(R)ガイド 要説
備考 ・本コースは「【PMBOK(R)ガイド第5版対応】プロジェクトマネジメントの実践(40PDU取得:テクニカル)」という名称で販売されていたコースです。
一度前者のコースをご受講された方は、通常、本コースをご受講いただくことはできません。

・本コースは試験対策講座ではなく、公式学習時間にはご利用いただかないよう、お願いします。

・株式会社ネットラーニングは PMI 登録教育プロバイダー(REP)として PDU ならびに公式学習時間の発給を承認されており、本コースはその承認コースです。
・PMP 有資格者が本コースを修了すると 40 PDU が発給されます。

・PMP(R) はプロジェクトマネジメント協会 (Project Management Institute, Inc.) の登録商標です。
・PMBOK(R)ガイドとは、Project Management Institute, A Guide to the Project Management Body of Knowledge ガイドの略称です。 
・PMBOK はプロジェクトマネジメント協会 (Project Management Institute, Inc.) の登録商標です。
・PMI Registered Education Provider ロゴは、プロジェクトマネジメント協会(Project ManagementInstitute, Inc.)の登録商標です。
サンプル
こちらからご確認ください。
推奨環境 こちらからご確認ください。


PDU 取得シリーズのコース一覧

PMP(R) 試験対策

ストラテジー&ビジネスマネジメント (Strategic)

リーダーシップ (Leadership)

テクニカル・プロジェクトマネジメント (Technical)

複数サブカテゴリ


ページトップへ