eラーニングでPDU取得、情報技術、Office、TOEICなどの資格取得・スキルアップのサポートを提供する、業界最大手のネットラーニング




> トップページ > PDU 取得シリーズ > 【PMBOK(R)ガイド第5版対応】品質マネジメントの実践(20PDU取得:テクニカル)


【PMBOK(R)ガイド第5版対応】品質マネジメントの実践(20PDU取得:テクニカル)

ご優待割引

コース紹介
本コースは、PMBOK(R)ガイドの基礎を学習された方が、品質マネジメントの分野をさらに詳しく学び、実務でその知識を活かせるようになることを目指しています。
本コースでは以下の4つのポイントを特に重要と考えています。

・品質コストの概念に基づく品質の重要性の理解
・品質の定量化(見える化)
・継続的改善への取り組み
・要求定義から始まる全てのフェーズを正しく行う

品質計画、品質保証、品質管理に分けて、他の知識エリアとの関連と要求定義工程の品質マネジメントもふくめて解説、随所に設けたケーススタディで実践での活用方法を理解します。
更に、要求定義工程の品質マネジメントには、BABOK(R)の考え方も取り入れ、要求定義工程から一貫した品質確保を目指します。

価格 \41,040(税込み)
受講期間 6ヵ月(+閲覧期間6ヵ月)
標準学習時間 20時間
チュータ 担任制チュータ付き
学習目標 プロジェクトにおける品質マネジメントについて、以下の点を中心に実務で活用するための実践的なポイントを学習します。
  • プロジェクトの品質を高めることが、不良コストを含めたトータルの品質コストを下げることにつながることを理解する
  • 品質基準を定量的に定め、それと実際の品質の測定結果と比較することにより、品質の状態を正確に把握する
  • 品質を上げていくためには、継続的改善に取り組むことが重要であることを理解し、その具体的な進め方を理解する
  • 品質を最後のテストで確保しようとするのではなく、要求定義から始まる全ての工程において、正しい作業によって品質確保していくことの重要性を理解する
前提知識 プロジェクトマネジメントの基礎、PMBOK(R)ガイドの基礎について理解している必要があります。
(特に5つのプロセス群と10の知識エリアの概要)
※以下のコース学習相当の知識は既に習得済みとします。
・ITプロジェクトマネジメント
・PMBOK(R) 要説
備考 ・株式会社ネットラーニングは PMI 登録教育プロバイダー(REP)として PDU ならびに公式学習時間の発給を承認されており、本コースはPDU取得の承認コースです。
・PMP 有資格者が本コースを修了すると Technical カテゴリで 20 PDU が発給されます。

・PMP(R) はプロジェクトマネジメント協会 (Project Management Institute, Inc.) の登録商標です。
・PMBOK(R)ガイドとは、Project Management Institute, A Guide to the Project Management Body of Knowledge ガイドの略称です。 
・PMBOK はプロジェクトマネジメント協会 (Project Management Institute, Inc.) の登録商標です。
・PMI Registered Education Provider ロゴは、プロジェクトマネジメント協会(Project ManagementInstitute, Inc.)の登録商標です。
サンプル
こちらからご確認ください。
推奨環境 こちらからご確認ください。


PDU 取得シリーズのコース一覧

PMP(R) 試験対策

ストラテジー&ビジネスマネジメント (Strategic)

リーダーシップ (Leadership)

テクニカル・プロジェクトマネジメント (Technical)

複数サブカテゴリ


ページトップへ