社員の学習意欲が高まり、自律的・自発的な学習が促進し、そして各社員の持つスキルの見える化が一気に加速する。そんな夢のような人材育成の革新的なサービス、それがデジタル証明/認証のオープンバッジです。このオープンバッジの利用によって起こる人材育成の変革をぜひご体感ください。

オープンバッジとは

オープンバッジとは、世界的な技術標準規格(*1)にそって発行しているデジタル証明/認証です。オープンバッジを公開したり、SNSなどで共有したり、オープンバッジの内容証明を行うことができます。さらにブロックチェーン型(*2)のオープンバッジは、偽造・改ざんが困難であるため、信頼のおける学習・資格証明書として研修教育分野に新たな価値をもたらしています。

*1 オープンバッジの技術標準規格はIMS Global Learning Consortium(以下、IMS Global)が定めています。
*2 ネットラーニングが提供するブロックチェーン型オープンバッジは、教育分野のデジタル証明書としてオープンスタンダードであるBlockcertsを利用しています

オープンバッジの仕組み

オープンバッジ発行、受領、共有フロー
図:オープンバッジ発行、受領、共有フロー

どこが発行するのか

資格団体、社内研修、認定団体、学校・教育関係者等が発行団体となります。

オープンバッジを貯める

発行団体から認定書、修了証等のオープンバッジが、オープンバッジホルダー(取得者)に届きます。オープンバッジホルダーは、オープンバッジを受け取る際、自分専用のウォレットへ貯めることができます。オープンバッジは、IMS Globalの世界共通な技術標準規格で作られているため、どこの発行者から出されたオープンバッジでも自分のウォレットに保管し管理することができます。

オープンバッジの利活用

受け取ったオープンバッジは、メールやSNS等で共有することも可能です。
発行団体にとっては広報利用として、オープンバッジホルダーにとっては自分の学びを掲示することが可能です。

信頼できる証明書、容易な内容検証

オープンバッジは、その証明内容を簡単にいつでも検証することができます。また、ブロックチェーン型のオープンバッジであれば、改ざんされることのない信頼度の高い証明書となります。
発行団体は証明内容の問い合わせに対応したり、証明書の再発行や管理といった煩雑な作業を大幅に軽減することができます。

オープンバッジの内容証明
図:オープンバッジの内容証明

オープンバッジを通じたメリット

オープンバッジ発行団体

企業
  • check 学習時間の増加
    スキルを可視化できるオープンバッジの付与により、社員の自律的な学習時間が増加します。
  • check エンゲージメントの向上
    オープンバッジを獲得した社員は、獲得しなかった社員より高いエンゲージメントスコアを出します。
  • check 人材配置の向上
    オープンバッジによって示された資格やスキルから、プロジェクトにより最適なチームを作ることが可能になります。
  • オープンバッジを組み合わせた研修体系
    図:オープンバッジを組み合わせた研修体系
資格、認定、検定団体
  • check 資格取得者の増加
    取得した資格はSNS等にオープンバッジで容易に共有することができるため、スキルの可視化を望む資格取得希望者の増加が見込めます。
  • check 再受験・受講の促進
    オープンバッジに資格の有効期限を設定することで、オープンバッジホルダー(取得者)に再受験・受講や申告等のタイミングを意識づけることができます。
  • check 事務作業の軽減
    資格や認定証の紛失、内容確認といった問い合わせ作業を劇的に軽減します。
研修会社
  • check 修了証書のデジタル化
    eラーニング、集合研修等、形態に捕らわれずに発行元を証明できるセキュアな修了証をオープンバッジで発行できます。
  • check 研修の可視化
    研修で得たスキル証明を、受講者が社内やSNS等で共有可能なオープンバッジで提供することにより、研修会社が提供する研修の可視化を促進します。
大学・教育機関
  • check 学習意欲の向上
    ゼミ等でのオープンバッジ発行により、意欲的に取り組む力を引き出すことも可能にします。
  • check 信頼度の高い学位・単位証明の提供
    学位・単位証明などに、ブロックチェーン型の改ざんを防ぐ強固なオープンバッジを利用できます。

オープンバッジホルダー(取得者)

  • check 世界中のどの発行者が出したオープンバッジでも、自分専用のウォレットにまとめて保管し、管理できます。
  • check オープンバッジをSNSやメール等で容易に共有することができます。
  • check 公開、共有したオープンバッジは、誰でもその取得した内容の証明を行うことができるため、取得者が身に着けた知識やスキルを、高い信頼度のもと掲示することができます。
  • check オープンバッジを通して、就職や転職時に、どんな知識やスキルをいつ身に着けたのかなど、自分の強みを可視化して見せることができます。
  • check 自分の目指すキャリアに向けて、どの資格を取得していけばいいのか、目標とする人のオープンバッジをみて、学びのプランを立てることも可能です。

お問い合わせ・ご相談

オープンバッジサービスに関するお問い合わせはこちら*で受け付けております。
お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

*お問い合わせフォームの「お問い合わせ項目」より「オープンバッジについて」をお選びください。

pagetop