プロジェクトマネジメントの基礎を体系的に学ぶためのPMP講座

  • 文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大
eラーニングのネットラーニング
TOP講座詳細・お申込み>【PMBOK®第5版対応】ITプロジェクトマネジメント(35PDU取得)
35PDU

【PMBOK®第5版対応】ITプロジェクトマネジメント(35PDU取得)

  • この講座のサンプルを見る
価格(税込) \41,040
受講期間/閲覧期間 6ヶ月/6ヶ月
標準学習時間 35時間
取得できるPDU 35PDU
チュータ この講座にはチュータによる学習サポートがついています
チュータとは…課題の添削や質問への回答をする学習指導員です
閲覧期間とは…受講後もコースへログインして内容を確認することができる期間です
コースの概要
本コースは、将来プロジェクトマネージャを目指す若手技術者や非開発分野の人材も、プロジェクトマネジメントのエッセンスやポイントを十分学習できることを前提として開発されたものです。 また、世界レベルで標準化が進行している最新のプロジェクトマネジメントの考え方や手法と、IT 系のシステム開発手法、管理手法を組み合わせつつ、システム開発業務の実践の中で、体系的にマネジメントスキルを身につけ、マネジメントセンスを磨いていくためのベースを習得することに重点を置いた構成となっています。なお、プロジェクトマネジメントの考え方や用語についてはPMBOK®第5版に対応しています。
前提知識
・基本情報処理技術者と同程度の IT 知識
・何らかの IT プロジェクトに参画した経験
学習目標
・IT課題を適切にプロジェクト化できる
・プロジェクトを企画・立案できる
・プロジェクトを管理・運営できる
・プロジェクト・ワークに必要なマネジメントスキルを身につけ、実践できる
・PMBOK の基本的な考え方を習得する
備考
・本コースは PMI より公式認定されたコースです。
・PMP 資格受験者が本コースを修了すると、PMP 資格認定試験の受験要件である35時間の研修を受講済みと認定されます。
・PMP 有資格者が本コースを修了すると 35 PDU が発給されます。
・本コースは PMBOK ガイドの管理プロセスや 9 つの知識エリアをベースに企画・構成されています。
ただし、PMBOK ガイドの管理プロセスや 9 つの知識エリアをそのままなぞったものではなく、実際のプロジェクトの流れに即したより実践的な構成になっています。
著者紹介
執筆: 落合和雄
銀行向けパッケージプログラム、業務プログラムの受託開発業務、テクニカル支援業務などを経て、システム化コンサルテーションやプロジェクト管理、システム監査や企画を担当。 PMP 資格を保持し、ISMS 主任審査員として幅広く活躍している。

監修・アドバイザー: 寺村鏡一
プロジェクトマネジメント、品質保証、PMO など、IT プロジェクトに関わるマネジメント業務、及び SI 事業推進責任者などを経て、現在 PM 研修、PM コーチング、PMO 支援などを実施。 ITコーディネータ、PMP 資格を保持し、PM コンサルタントとして幅広く活躍している。
この講座についてよくあるご質問
PMP試験の対策になりますか
当講座はPMP試験対策講座ではございません。

受験資格の35時間研修とみなされますか?
当講座を修了すると受験資格を得ることができます。
IT業界の人間ではないのですが受講できますか?
当講座は非開発分野の方にもプロジェクトマネジメントを理解いただけるよう設計されています。
その他講座詳細
ページ上部へ戻る

ITプロジェクトマネジメントの受講者の声

ITプロジェクトマネジメントについての基本的な知識を体系立てて学ぶことができた。 また、PMP資格更新のためのPDU取得に必要な研修を休日に自宅で行うことができたのでよかった。

PMBOKの内容をうまくITプロジェクト向けにテーラリングしていて、とても勉強になりました。

PMBOKには掲載されていない詳細な箇所の説明などが嬉しい 。文章だけでは分かりにくい図表が必ず用意され、分かりやすかった。
ページ上部へ戻る