PMBOK®ガイド第6版を体系的に学ぶためのPMP®講座

  • 文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大
eラーニングのネットラーニング
TOP講座詳細・お申込み>PMBOK®ガイド第6版 要説(25PDU取得:テクニカル)
25PDU

PMBOK®ガイド第6版 要説(25PDU取得:テクニカル)

  • この講座のサンプルを見る
  • 価格(税込) \41,040 \32,832
    受講期間/閲覧期間 6ヶ月/6ヶ月
    標準学習時間 25時間
    取得できるPDU 25PDU
    チュータ この講座にはチュータによる学習サポートがついています
    チュータとは…課題の添削や質問への回答をする学習指導員です
    閲覧期間とは…受講後もコースへログインして内容を確認することができる期間です
    コースの概要
    このコースは、ITプロジェクトマネジメントコースの既学習者、および、プロジェクトマネジメント経験者に対し、PMBOK®ガイド第6版について、体系的で総合的な学習のできるコースです。
    前提知識
    ・何らかのプロジェクトマネジメントの経験がある
    ・「【PMBOK®ガイド第6版対応】ITプロジェクトマネジメント(35PDU取得:複数サブカテゴリ)」コース、またはそれ相当のプロジェクトマネジメントの入門的学習が済んでいることが望ましい
    学習目標
    PMBOK®ガイド第6版の総体についての基本的理解
    備考
    ・本コースは PMI®より公式認定されたコースです。
    ・PMP®資格受験者が本コースを修了すると、PMP®資格認定試験の受験要件である35時間中、25時間分の研修を受講済みと認定されます。
    ・PMP®有資格者が本コースを修了すると25PDUが発給されます。
    ・本コースウェアではプロジェクトマネジメント知識体系ガイド第6版の所有を必須とはしておりませんが、よりスムーズな学習のために該当書籍の併読をお勧めいたします。
この講座についてよくあるご質問
CAPMの受験申請にも使えますか?
当講座はCAPM受験資格に対応しています。

PMP®試験対策講座ですか?
当講座は試験対策ではございません。しかし、受験のベース学習としては最適です。
その他講座詳細
パフォーマンスを上げるロジカル・シンキング
(10PDU取得:リーダーシップ)
プロジェクトマネジメントのためのコミュニケーション技術
(10PDU取得:リーダーシップ)
プロジェクトマネジメントのためのプレゼンテーション
(10PDU取得:リーダーシップ)
プロジェクトマネジメントのためのリーダーシップ
(10PDU取得:リーダーシップ)
課題設定力と解決実行プロセス
(10PDU取得:リーダーシップ)
会議の目的とファシリテーション
(10PDU取得:リーダーシップ)
成果を出すタイムマネジメント
(10PDU取得:リーダーシップ)
ソフトウェア資産管理
(4PDU取得:ストラテジー)
要求定義
(20PDU取得:ストラテジー)
ITサービスマネジメント
(35PDU取得:テクニカル)
ソフトウェア品質管理・テスティング
(16PDU取得:テクニカル)
PMBOK®ガイド第6版 要説
(25PDU取得:テクニカル)
【PMBOK®ガイド第6版対応】リスクマネジメントの実践
(20PDU取得:テクニカル)
【PMBOK®ガイド第6版対応】品質マネジメントの実践
(20PDU取得:テクニカル)
【アジャイル実践ガイド対応】PMP®試験対策テスト
(公式学習10時間)
【PMBOK®ガイド第6版対応】IT プロジェクトマネジメント
(35PDU取得:複数サブカテゴリ)
【BABOK®v3対応】プロジェクト・マネジャーのためのビジネスアナリシス
(35PDU取得:複数サブカテゴリ)
プロジェクトマネジメントの実践
(40PDU取得:テクニカル)
ページ上部へ戻る

PMBOK®ガイド第3版要説の受講者の声

PMBOK®などは数頁読んだだけで嫌気がさしてしまいましたが、このコースの 内容は非常にわかりやすく、"なるほど、こういう意味だったのか" という発見が何度もありました。また自宅で気軽にできる(Webで)点も良かったです。

コンパクトにまとまっていて、PMBOK®の内容が分かりやすく書かれていてよかったと思います。 問題もPMP®の試験問題のような、解答の根拠が不明確な問題ではなかったことがよかったと思います。

当初はPMP®資格取得を目的として受講を決めましたが、学習を進める内に、体系的な知識を確立する上で大変興味深く思えるようになりました。これまで、石油化学プラントの建設プロジェクトを多く体験してきましたが、振り返ってみると自分の対応に多くの誤りがあったことも認識できましたし、今回学習した知見は今後の業務に是非役立てたいと思いました。
ページ上部へ戻る