PMが学ぶべきリスク管理について実践的に学ぶためのPMP®講座

  • 文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大
eラーニングのネットラーニング
TOP講座詳細・お申込み>【PMBOK®ガイド第5版対応】リスクマネジメントの実践(20PDU取得:テクニカル)
20PDU

【PMBOK®ガイド第5版対応】リスクマネジメントの実践(20PDU取得:テクニカル)

  • この講座のサンプルを見る
価格(税込) \41,040
受講期間/閲覧期間 6ヶ月/6ヶ月
標準学習時間 20時間
取得できるPDU 20PDU
チュータ この講座にはチュータによる学習サポートはついていません
課題対応のため、ローカル環境に Excel 2007-2013、またはそれに準じた xlsx / xls ファイルを扱える環境がインストールされている必要があります。 この環境がない方はお受けいただくことができませんのでご注意ください。
チュータとは…課題の添削や質問への回答をする学習指導員です
閲覧期間とは…受講後もコースへログインして内容を確認することができる期間です
コースの概要
このコースは、PMP®、あるいは PMP®相当のIT系プロジェクトマネージャの方を中心に PMBOK®ガイドにも存在するリスク・マネジメントに関して、ケースワークや事例を織り交ぜた、実用・実践を考慮したコースウェアです。 特に、一貫性の高い情報技術系のリスク・マネジメントケースワークを演習課題としており、コース修了の際にはリスク・マネジメントチェックシートが完成する仕組みになっています。
前提知識
・プロジェクトマネジャーである、またはそれと同等の知識がある(PMP®推奨)
・「PMBOK®ガイド第5版要説(25PDU取得:テクニカル)」コース、またはそれと同等の学習が済んでおり、PMBOK®について一定の理解があることが望ましい。
学習目標
・プロジェクトリスクマネジメントの概論と実務とのギャップの理解
・実践的な演習やケースワークを通したリスクマネジメントを具体的に考え、実践する能力の育成
備考
・本コースウェアではプロジェクトマネジメント知識体系ガイド第5版の所有を必須とはしておりませんが、よりスムーズな学習のために該当書籍の併読をお勧めいたします。
・本コースウェアのサービス提供元企業が株式会社ネットラーニングであり、コース名称に(20PDU取得)とある場合に限り、コースを修了すると 20PDUを取得する権利を得ることが出来ます。
・同様の条件で、PMBOK®の内容に沿ったリスク・マネジメントに関する20時間の公式なプロジェクトマネジメントの研修の要件を満たすことができます。品質、スコープ、タイム、コスト、人的資源、コミュニケーション、リスク、調達、統合マネジメントの知識エリアをふくんだ研修です。
・PMP®、CAPMほか、申請手続きなどの詳細については、必ずPMI®協会本部にお問い合わせいただくようお願いいたします。
著者紹介
執筆:ネット教育研究会
各分野の専門家とネット教育の専門家の著作グループ。

アドバイザー:寺村 鏡一
プロジェクトマネジメント、品質保証、PMOなど、ITプロジェクトに関わるマネジメント業務を担当。 SI事業推進責任者などを経て、現在PMコンサルティングを推進する会社でPM研修、PMコーチング、PMO支援などを実施、PMコンサルタントとして活動している。 (株)ピーエム・アラインメント取締役。PMP®、ITコーディネータ。
その他講座詳細
ページ上部へ戻る

リスクマネジメントの実践の受講者の声

"PMP®取得を目指しており、社内教育で不足しているPDU取得が目的で受講しました。また、本当は「PMBOK®第3版要説(25PDU取得)」を受講するつもりでしたが、エントリを誤りました(正直ベース)。ですが、リスクについて体系的に理解できたこと、プラスリスクの概念およびリスクの優先度設定など思い違い(PMBOK®観点)をしていた部分を正せたことが、非常に有効的でした。"

"今までに利用したことのあるeラーニングのイメージから、紙芝居的に勉強するだけのものをイメージしていたのですが、チューターさんによるサポートや演習なども充実していて、大変満足度の高いものでした。 特に、一方通行でない演習は大変よかったです。また、チューターさんも24時間以内の採点が無理なときなどは、ちゃんと連絡を下さったり、きめ細かくサポートしてくださいましたので、事実として「規定時間を超過していた」にチェックをつけましたが、不満は感じていません。 ありがとうございました。"

"普段の仕事の振り返りになりためになった。特に、プラスのリスクは意識していなかったので勉強になった。"
ページ上部へ戻る